会社概要

会社名称 株式会社iMAPP
INNOVATIVE MEDICINE AND ANY PEPTIDE PHARMACEUTICALS CORPの略称
会社
所在地
〒603-8355 京都市北区平野上柳町26-41
TEL & FAX 075-463-4765
設立 平成25年8月2日
資本金 1,000,000円
代表者 中津川俊雄(代表取締役) 

事業内容

  • 1. 弊社の知財を最大限有効活用し、先端医療やペプチド創薬の研究開発に役立てるために以下の事業を展開。
  • 2. 先端医療(テーラーメイド癌治療、新規創薬商品の臨床試験等)に関する研究開発及び支援事業。
    1. ①ヒト由来再生細胞の三次元培養組織を利用した感受性検査キットの事業化
      (特許番号2003-541901:正常再生組織の形成方法と正常再生組織並びに感受性等の検定方法)
    2. ②本特許技術を活用し、ヒト臓器由来正常細胞の三次元培養による再生組織を各臓器内組織のモデルとし、癌組織との共培養による、抗癌剤、医薬品等の作用、副作用の検定システム、感受性等の検定キットの技術開発
    3. ③上記検定キットの事業化により、テーラーメイド癌治療の研究開発に貢献
    4. ④上記の幅広い目的のために用いる細胞外基質コートした多孔培養皿などを商品化し、今年度から製造販売する
  • 3. ペプチド創薬の研究開発、新規ドラッグデリバリーシステム(DDS)による市場開拓。
    1. ①消化器官非吸収性の生理活性タンパク質あるいはペプチドを吸収可能とする技術の実用化(DDS)
      (特許番号 2004-136152:消化器官吸収性ポリペプチド)
    2. ②通常の医療現場での治療用タンパク質等の投与経路は注射法であるが、注射投与による医療コストの増大、医療廃棄物の減少、患者への通院負担、過大なストレスを軽減させることが目的
    3. ③本特許技術を活用し、従来注射投与のみであった消化器官非吸収性の生理活性ペプチド等の投与経路を経口投与に転換可能(ナットーキナーゼキャリアーとの融合ポリペプチドによるDDS技術)

具体的には、市場性の高い、消化管非吸収性の生理活性の高い候補物質数種に絞って研究開発予定。